news

10/16-25 proepiによるグループ展”ケムルヒト#4 SMOKE OUT”に展示協力いたします

proepiは、石橋佑一郎、因幡都頼、上野和也、花牟嶺有基、三津木陽介、宮ケ丁渡、森洋樹らが結成したグループです。『美的・社会的な問題意識を通して、芸術を再定義する強制力のある機会を作り出す』を掲げ、日本画、版画、彫刻と様々なメディウムによりアート制作をおこなっています。

2020年に入り『ケムルヒト』というテーマの下で、炎上やフェイクニュース、ポストトゥルーズといった事象について考察し、それぞれの表現を作品とし、グループとして展示してきました。コロナ禍となった今、何ができるのか。自らの枠を超え、主体を拡張していく取り組みのひとつとして、今回彼らは『受注制作』というかたちを纏い展示を行います。

それぞれのアーティストが提示したコンテンツから、鑑賞者側が要素を組み立て、それをアーティスト側にフィードバック。そのうえで、両者の対話を通して、ひとつの作品が誕生します。極めて新しいそれらの試みが、どのように進行していくのか、ぜひご覧ください。

また、今回、PROJECT501では、7人のアーティストがなぜアーティストとなったのか、どのようなことを思考し制作するのか、そして今回の展示についての思いやこれからのことなど、アーティスト自身の姿を見える化する試みとして、ひとりひとりのアーティストにインタビューを行いました。作品が生まれる背景にはアーティストという人が存在することを、ぜひ感じとって頂ければと考えています。

artist interview 因幡都頼   ※順次公開予定

展   示
  ケムルヒト#4 SMOKEOUT
展示日程
  2020年10月16日 - 25日
  期間中の金曜~日曜日 15時から20時(最終日のみ19時)
  他の日時は予約制 proepiサイト もしくは PROJECT501和佐野まで
展示場所
  PROJECT501 渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ501
  オンライン : https://proepi2020.wixsite.com/proepi/smokeout

「一枚の絵の力」展示企画に協力させていただきます☆:PROJECT501

心から尊敬する女性 伊藤悠さんが、ライフワークとして取り組んでおられる展示企画「一枚の絵の力」が今日から始まります。2011年の震災の際に彼女自身が実感した「かわらない一枚の絵の力」を、クリエーションに対する最大限の敬意と共に伝えていこうとする悠さんの思いのつまったとても素敵な企画です。

今回の展示企画は、美術手帖さんのオンラインメディア『OIL by 美術手帖』にての展示がベースとなり、あわせてPROJECT501では、悠さんにお声かけいただき、出展作品のリアル展示と3Dアーカイブおよび映像での展示をさせていただきます。こちらは初めての試みなので、どのようなアウトプットをお届けできるのかまだ分かりませんが、とても楽しみにしています。

展示の売り上げは、どのような状況にあっても、かわらず表現に真摯に取り組むアーティストと、新型コロナの影響で不自由な思いをされている方々への寄付へとあてられることになっており、作品の鑑賞/購入は本日より『OIL by 美術手帖』を通じいつでも可能となります。PROJECT501での展示企画は5月20日から事前予約制という形での開催を予定していますが、また詳細はおってお知らせしていきます。

かわらぬ一枚の絵の力を、皆さんの元にお届けできれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

https://oil.bijutsutecho.com/special/77

https://powerofapainting2020.tumblr.com/

一枚の絵の力 Power of a painting
〈オンライン〉2020年4月30日(木) – 5月31日(日) OIL by 美術手帖(https://oil.bijutsutecho.com/special/77
〈PROJECT 501〉5月20日(水) – 5月31日(日) 渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ501 アポイント制 (03-6874-3273まで)
参加作家:∈Y∋ / 足立喜一朗 / ARIKA / Everyday Holiday Squad / 大小島真木 / 華雪 / 加茂昂 / Keeenue / 玉山拓郎 / DIEGO / 永田康祐 / 濱口桜子 / BIRDMAN / BIEN / 平田尚也 / 布施琳太郎 企画:HARUKAITO by island 協力:東方文化支援財団

新年明けましておめでとうございます :PROJECT501

新年明けましておめでとうございます。
昨年はLOVE ARTシリーズで2月、4月と展示を行い、イベントを含め多くの方々にいらしていただき、大変嬉しかったです。ありがとうございました!

アートを好きになって手に入れること、誰に指図を受けたわけでもないのに自分の好きなアートと暮らすコレクター文化は、やはり面白いなぁと個人的には大きな手答えを感じています。自分らしいコレクションを築き生きていく行為には『ゆたかさ』の気配を強く感じます。

2019後半は、ディレクター和佐野も共著として参加させていただいた書籍『アート・イン・ビジネス』が出版されたこともあり、アートコレクションというコト、はたまたアート自体を外に開いていくことに注力しておりました。

2020年は、春前にはLOVE ARTシリーズの展示を予定しています。10ヶ月ぶりくらいとなりますが、ぜひご期待ください。あわせて今年はアートに関わる(みる/かう/あつかう/つくる)行為における世界の捉え方、そこからの想像と様々な価値の創造についてのリサーチ、実践を積み重ねていきたいと考えています。
折に触れ、皆さんとも知見を共有し、アップデートしていけたらと思っていますので、よろしくお願いいたします。

あらためまして、本年もよろしくお願いいたします。
皆さまにとって、より豊かな一年となりますようお祈りしています。

   PROJECT501 director 和佐野有紀

次回展示企画「LOVE ART file4: Setsuo」を4月13日(土)よりスタートします:PROJECT501 

PROJECT501では、“LOVE ART”と題して、生活の中にアートを取り入れアートと共に人生を生きる一人のアートコレクターにフィーチャーする企画展示を行っています。共に、今の時代を生きるコレクターのライフヒストリーにせまるインタビュー映像と共に、実際のコレクションを展示することで、コレクターの目線や生き方をリアルに追体験していだくことのできる企画となります。
第4回となる今回は都内在住の中村節郎さんのケースを取りあげます。17年間のコレクション活動を通して“ゲイって幸せ”と感じさせる作品たちが集まったと語る彼のコレクションを通じ、アートの持つパワーについて考える、新たなチャンスを皆さまにご提案できればと考えています。

展示企画 LOVE ART file4: Setsuo
2019.04.13-04.29
Mon&Fri : 15:00-19:30 / Sat&Sun : 14:00-19:00
PROJECT501
東京都渋谷区神宮前2-33-12 Villa Bianca 501
*マンション一階のインターホンで501を呼び出してください

実は、アートには正解がありません。正しい見方、正しい買い方などというものは規定されていませんし、どんな見方をしてどんな解釈をしても、誰にも迷惑がかかりません。そんなアートのもつ許容力、パワーに対峙した時、人は誰しも独自の価値判断軸を持つことを求められるのですが、そのオリジナルな美意識の軸こそが、これからの世の中をサバイブしていく大きな力になると私たちは考えています。

あわせて、展示期間中には、コレクター自身と、コレクターが今最も注目するアーティストによるトークイベントも予定しています。アーティストとコレクターの出会い、かかわりを通してアートコレクションのリアルを体験すると共に、アートから生まれる新たなコミュニケーションなどについて考える良い機会となると考えています。

2019.04.27 (Sat) 18:00  Collector & Artistトーク
Collector: 中村節郎さん Artist: 大塚隆史さん
*1drink制

《メッセージ》
コレクターが今一番注目するアーティストということで、今回のトークでは、創作活動を続ける一方で、今年でオープン37周年となる新宿三丁目のゲイ・バー『タックスノット』を経営される大塚隆史さんをゲストにお迎えします。オープン当時から月替わりで店内にアート作品を展示し、ゲイのアーティストに作品展示の場を継続的に提供してきた『タックスノット』に出会ったことが、コレクションを始める大きなきっかけになったと中村節郎さんは語っていらっしゃいます。そして実際に彼のコレクションには、同店で出会った作品やアーティストのものが多く含まれています。今回のトークでは、大塚隆史さんの作品制作についてだけでなく、『タックスノット』という店を始めようと思われたきっかけや、印象的な出来事、日頃感じている事、考えている事など、あえて普段お聞きできないようなことをトークの中で、皆さんと一緒にお伺いしていきたいと考えています。

2/23(土) Collector & Artistトーク #4 開催します★PROJECT501

現在開催中の展覧会LOVE ART file3: Reinaにあわせ、2/23土曜日にトークイベントを下記要領にて開催いたします。今回は、コレクターであるノセレーナさんと、彼女の今一番気になるアーティスト落合翔平さん、そしてwebデザイナー宮野栞さんをお迎えしてのトークになります。予約不要のオープンイベントですので、コレクターとアーティストのリアルを味わいに、ぜひ遊びにいらしてください。 皆さまのお越しをお待ちしております。

Artist&Collector トーク
2019.02.23 (Sat) 19時より
“イラストレーションを所有すること、仕事にすること”をテーマにノセレーナ(Collector)×落合翔平(Artist)に宮野栞さん(webデザイナー)を混じえたクロストーク
*予約不要 *1drink制
トークまでは会場展示をご覧になることができます

展示企画 LOVE ART file3: Reina
2019.02.16-03.03
Mon&Fri : 15:00-19:30
Sat&Sun : 14:00-19:00
*最終日は17時に展示終了予定

PROJECT501
http://project501.tokyo
東京都渋谷区神宮前2-33-12 Villa Bianca 501
*ビル一階のインターホンで501をコールしてください

次回展示企画「LOVE ART file3: Reina」を2月16日(土)よりスタートします:PROJECT501

PROJECT501では、今年もアートのある人生“LOVE ART”を提示する展示を企画していきます。2019年初回となるfile3では、都内在住のノセレーナさんのケースを取りあげます。会社員として勤務しながら、“OLラッパー”としても活躍する彼女。ご自身も小さいころから描くイラストレーションを中心としたコレクションを通し、アートコレクションがひとつの自己表現、アイデンティティになりうるのだという魅力的な世界観と美意識を味わっていただき、アートに対する新たな見方を皆さまにご提案できればと考えています。

実は、アートには正解がありません。正しい見方、正しい買い方などというものは規定されていませんし、どんな見方をしてどんな解釈をしても、誰にも迷惑がかかりません。そんなアートのもつ許容力、パワーに対峙した時、人は誰しも独自の価値判断軸を持つことを求められるのですが、そのオリジナルな美意識の軸こそが、これからの世の中をサバイブしていく大きな力になると私たちは考えています。

展示期間中には、アーティストやコレクターとのかかわりを通してアートのある人生に触れ、そのエッセンスを感じられるようなイベントなどを別途企画しています。 皆さまをアートの世界に誘うこの新しい機会、ぜひお楽しみください。

展示企画 LOVE ART file3: Reina
2019.02.16-03.03
Mon&Fri : 15:00-19:30
Sat&Sun : 14:00-19:00
*最終日は17時に展示終了予定

PROJECT501
http://project501.tokyo
東京都渋谷区神宮前2-33-12 Villa Bianca 501
*ビル一階のインターホンで501をコールしてください

11/23(金・祝日) Collector & Artistトーク #3 開催します★PROJECT501


PROJECT501では1人のアートコレクターにフィーチャーし、アートのある人生LOVE ARTを提示する企画展示に関連し、アートコレクターとアーティストによるクロストークのイベントを開催いたします。

今回は、企画展示LOVE ART file2: Shunsukeでフィーチャーするアートコレクター高際俊介さん、そして彼の注目する若手アーティストとして篠崎裕美子さん(https://yumikoshinozaki.tumblr.com/)をおむかえして、茶会仕立てでトークを企画しています。茶会といっても堅苦しい所作に着目するのでなく、亭主と客人という茶事を借景として、ゆるやかにトークを繰り広げていく”茶会仕立て”の構成です。

そうした舞台装置の中で、アーティストのこれまでの制作活動をお話しいただくことで、作品からだけでは伝わりにくいアーティストの思考がコレクターに伝わり、また互いに今を生きるひとりの人間としての世界観、人生観を交錯させながらコミュニケーションをはかっている、そんなアートのある人生の魅力をお伝えしていきたいと考えています。

トーク終了後には、アートコレクター、アーティストを交えた簡単な交流の場を設ける予定です。ぜひご参加ください。

2018.11.23 (祝日) Collector & Artistトーク#3 17:00〜TALK  1drinkオーダー制 *予約不要
高際俊介(collector) & 篠崎裕美子(artist)
終了後、mini PARTYを予定しています

*お問合せはFBmessengerもしくはinfo@project501.tokyoまで。

展示企画 LOVE ART file2: Shunsuke
2018.11.17-11.25
Mon&Fri : 15:00-19:30
Sat&Sun : 14:00-19:00

PROJECT501
http://project501.tokyo
東京都渋谷区神宮前2-33-12 Villa Bianca 501
*ビル一階のインターホンで501をコールしてください
*前半会期10.27-11.05は終了しています

☆POPUP展示 kabe_giwa & 壁ナイト!:PROJECT501


PROJECT501では10/27から始まる企画展”LOVE ART file2: Shunsuke”に先駆け、今回フィーチャーするアートコレクターご自身が日々撮りため、Instagramで発信し続けている壁写真をリアルに展示するPOP UP展示”kabe_giwa”を開催いたします。
アートの持つ「どうしようもない感じ」に惹かれると語るコレクターが撮る写真を通して、コレクターの世界観を味わうことのできる貴重な機会となります。
また、展示期間中には、撮りためた壁写真をコレクターご自身の解説と共に楽しむトークイベント”kabe_night”もあわせて企画しています。
実に魅力的なコレクターの美意識・世界観を味わえるこの機会、ぜひお楽しみください。

☆POPUP展示 kabe_giwa
2018.10.5(Fri)6(Sat)12(Fri)13(Sat)
15:00-19:30
@PROJECT501

☆kabe_night
2018.10.6(Sat) 19:00 start
@PROJECT501
*1ドリンクオーダー制
なおkabe_nightイベント当日は、壁映像を流しながらコレクターを囲み団欒するスタイルを予定しています。閉館時間は設定しておらず、お客さまの出入りも自由となります。軽く一杯の流れで、壁を肴に楽しい一夜となるよう皆さまのお越しをお待ちしています

次回展示企画「LOVE ART file2: Shunsuke」を10月27日(土)よりスタートします:PROJECT501

PROJECT501では、“LOVE ART”と題して、生活の中にアートを取り入れアートと共に人生を生きる一人のアートコレクターにフィーチャーする企画展示を行います。コレクターのライフヒストリーと共に、コレクションを展示することで、コレクターの目線や生き方をリアルに追体験していだくことのできる企画となります。第二回となる今回は都内在住の高際俊介さんのケースを取りあげます。アートの持つ“どうしようもない感じ”に惹かれると話す彼のコレクションと人生はどのようにリンクするのでしょうか?実に魅力的な彼の世界観と美意識を味わっていただくことで、アートに対する新たな見方を皆さまにご提案できればと考えています。

展示企画 LOVE ART file2: Shunsuke
2018.10.27-11.25 (会期中11/9-16は入替close)
Mon&Fri : 15:00-19:30 / Sat&Sun : 14:00-19:00
PROJECT501
東京都渋谷区神宮前2-33-12 Villa Bianca 501
*マンション一階のインターホンで501を呼び出してください

実は、アートには正解がありません。正しい見方、正しい買い方などというものは規定されていませんし、どんな見方をしてどんな解釈をしても、誰にも迷惑がかかりません。そんなアートのもつ許容力、パワーに対峙した時、人は誰しも独自の価値判断軸を持つことを求められるのですが、そのオリジナルな美意識の軸こそが、これからの世の中をサバイブしていく大きな力になると私たちは考えています。

展示期間中には、コレクターと実際に触れあえるイベント、アーティストとコレクターのかかわりを通してアートコレクションのリアルを体験するイベントなどを別途企画しています。

芸術の秋、皆さまをアートの世界に誘うこの新しい機会、ぜひお楽しみください。

「LOVE ART File1: Nayo」おかげさまで先週末に無事会期を終了いたしました

PROJECT501において開催していた展示企画「LOVE ART File1: Nayo」は、おかげさまで先週末に無事会期を終了いたしました。展示期間中は、多くの方に足をおはこびいただき、また様々なご感想をお伺いすることができ、展示の内容のみでなく企画意図を含め多くの反響をいただき大変嬉しく思っています。ありがとうございました。あわせて、コレクター×アーティストのトークイベントにご来場いただいた方々にも心から感謝しています。
第二回の企画展示は10月後半からの開催となる見込みです。今回は都内在住の男性コレクターにフィーチャーし、彼のコレクションとあわせてご自宅でのインタビュー映像を展示いたすべく、現在、鋭意準備中です。詳細決定次第、追ってお知らせいたします。
今後とも、コレクターの世界観を具体的に体感していただくことで、“コレクター目線”というフィルターを通して現代アートの魅力を発信していきたいと考えています。よろしくおねがいいたします。

次回展示企画 予定
『LOVE ART File2: Shunsuke』
2018.10.27(Sat) – 11月下旬(未定)
@PROJECT501 渋谷区神宮前2-33-12 ビラビアンカ501

『LOVE ART File1: Nayo』
2018.07.28-08.26 @PROJECT501
Collector&Artistトーク#1 2018.08.05 東出菜代×川久保ジョイ×潘逸舟
Collector&Artistトーク#2 2018.08.24 東出菜代×因幡都頼

<LOVE ART File1: Nayo 展示作品一覧>
①杜珮詩Tu Pei-Shih
“The Adventures in Mount Yu V- From Michel Foucault to Our Glorious Future”
②梅沢和木
“画像シューティング絵の具ボム”
③川久保ジョイ
“Two Million Years”
④Baptiste Debombourg
“LA REDOUTE PRINTEMPS-ETE 2013”
⑤小畑多丘
“B-Boy Abstract 1”
<next コレクション ⑥-⑦>
⑥因幡都頼
“ゆ”
“分かっちゃいる”
“求められる所へ“
“信じられるもの”
“教育”
“正しい火ト”
“誰かの言葉”
“何もない”
⑦潘逸舟
“Not Ocean”
“ぬりえ” IH-16-04-P
*インタビュー映像 May 2018
Interviewee: 東出菜代 interviewer: 和佐野有紀