STAY HOME WITH ART : PROJECT501


“集める事が目的ではないけど、結果として集めただけだとそこには私というものはどこにもなく、

アートがなくても自分が存在できるようにならないといけないなと思うのです”


Entrance: 本企画のなりたち Story of the project

COVID-19によってもたらされたstay homeの時間。その時間をどう捉え、どのように過ごしていくのか。PROJECT501では、stay homeを考える上で、閑暇(スコレー)が、その後のギリシャ哲学の起源となったことを参照項とした新しい展示企画をweb上で展開します。

スコレーは学びに通じ、現在のスクールの語源になった言葉です。与えられた時間、暇になってしまった時間というものをどのように捉えるのか?誰にも分らない未来、未知の出来事と向き合っていくために、今、自宅で何をどのように考えることが求められているのか?そんな、誰もが抱える喫緊の課題に対し、新しいかたちのスコレーを提示することを試みます。

ギリシャの哲学者たちも果てしない海を見ながら、海の向こうにどのような世界があるか想いを馳せ、世界の全体像を思索し、そこから世界の真理を明らかにしました。ヒトは、自ら考える力は持っていますが、一方において何らかの考える“きっかけ”を必要とする生き物でもあります。

今回、我々は、現代アートという“きっかけ“を世界の入り口と捉え、身体的には自宅にいながら、しかし作品を通して世界を捉える様々なアーティストの視点に触れることの意味について、自宅でアート作品と暮らすアートコレクターと共に考えてみます。

スコレー自体、必ずしも高尚でなければならないわけでもありません。それは一見、ただ時間を過ごすことのようでもいいのです。しかし、アートによってもたらされる想像や思考は、必ずいつの日か各々にとっての世界を拡げ、アート作品という“きっかけ”が、世界と自己の関係を相対化し、この未知なる未来をどのように生きていくのかを選択することを可能にすると信じています。

これまでの企画展LOVE ARTシリーズが進化して、時間や場所から自由になった新しい展示の形もあわせてお楽しみいただけると嬉しいです。


Room 1: 素顔のコレクター PORTFOLIO OF COLLECTOR

Room1では、アートコレクターの素顔を映像で御紹介します。

今回ご紹介するコレクター、姫本剛史さんは愛媛県松山市にお住まいで、ごく普通の会社員として働いています。学生時代は美術館で過ごす時間を大切にし、一人で作品と向き合う体験を積み重ねていました。社会人になり、地方転勤を契機に、ごく自然な形でアート展示を見に行くようになった彼は、ふとしたきっかけでアート作品を手に入れることになります。

アートをコレクションしはじめてから今に至る、彼のさまざまな思いやエピソードが、映像の中では語られます。

インタビュー
PORTFOLIO OF COLLECTOR    44分51秒


Room 2: コレクターの部屋 COLLECTOR’S ROOM

Room2では、実際にコレクターの暮らす部屋を御紹介します。

玄関を一歩入ったところから、彼の世界は始まります。

これまで人生の中で出会ってきた作品たちと彼との間にうまれる関係性、そして彼のコレクションの中にうまれる作品同志の関係性、作家との関係性、そして作品と世界、彼と世界との関係性。様々な関係性を生み出すアートコレクションのありかたを提示します。

Room2-1: 玄関から廊下にいたる
FROM ENTRANCE TO CORRIDOR   5分42秒

木村太陽 Feel Your Gravity
Rachel Adams Watch
池田 衆 Impossible Promise
松川朋奈 すべてを知る必要はないの。I don’t need to know everything .
今津 景 buildings
松本臨睦 Monument / Souvenir
Rafaël Rozendaal Into Time 16 03 04
西村 有 think
Eugene Kangawa from the future
田口和奈 発色のくびきをいくSwimming the Yoke of Color


Room2-2: 廊下から和室にいたる
FROM CORRIDOR TO FLOORING-ROOM   4分17秒

森田 浩彰 From Something to Something else / Water Cycle Drawing(English)
寺田就子 ゆらぐきれま
上田尚宏 internal clock / Minerals [Rauchquarz]
臼井良平 Temporary things


Room2-3: キッチンから居間にいたる
FROM KITCHEN TO LIVING-ROOM   6分30秒

柏原由佳 Arrival
森下明音 ピンクと手
芦田尚美 vase
青山 悟 Rubber Gloves , MacBook(pink gold)
Aokid  Each page
松本臨睦 Nile Koetting Immunotherapy second opinion
寺田就子 途切れる音
Miriam Cahn blumenfamilie
毛利悠子 Urban Mining
Nile Koetting Sea of Energy
金田実生 いきどまりに想う / 種まく頃
中谷ミチコ Untitled
川久保ジョイ A rose is arose
渡邉順子 ドローイング


Exit: 終章

余話
AFTER TALK   11分05秒

INFORMATION
「STAY HOME WITH ART」
展示期間 : 2020年5月4日(祝) – 5月31日(日)
展示場所 : PROJECT501 オンライン http://project501.tokyo/stayhomewithart-project501/
展示内容 : 松山在住のアートコレクター姫本剛史さんの現代アートを中心としたアートコレクションおよび、コレクションと共にある生活を提示する映像。さらにアートとの関わり、ご自宅にコレクションのあることの意味などについてのインタビュー映像。展示期間中に、作品紹介など適宜追加予定。
イベント : クローズドの双方向型のオンラインイベントを開催予定。
*日程詳細決まり次第、追ってお知らせします。